仕事と家庭の両立支援

イメージ写真

日本の少子化が進む中で、2005年4月「次世代育成支援対策推進法」が制定されました。「次世代育成支援対策推進法」とは、“次の世代を担う子どもが健やかに生まれ育つ環境をつくるため、国や地方による取り組みだけでなく、社員を雇用する事業主も働きやすい職場環境づくりに向けて努力をしましょう”という法律です。
  こうした中、当社でも仕事と家庭の両立や、子どもを育てやすい職場環境づくりを目指し、様々な取り組みを進めています。また、子どもを持つ社員に限らず、全社員がより働きやすい職場環境をつくるため、働き方全体の見直しを進めています。

東洋は、「仕事」と「家庭」の両立を応援します

1. 行動計画の策定

  • 子育てを行う労働者等の職業生活と家庭生活との両立を支援するための雇用環境の整備
  • 働き方の見直しに資する多様な労働条件の整備
  • その他次世代育成支援対策に関する事項
行動計画についてはこちらから
  • 行動計画1
  • 行動計画2
  • 2. 次世代認定マーク“くるみん”の取得

    次世代認定マーク“くるみん”

    2008年10月22日付けで厚生労働省よりより「次世代育成支援対策推進法」に基づく子育て支援企業として認定され、認定マーク”くるみん”を取得しました。
    岐阜県では10番目、中小企業では県下で初の認定です。

  • くるみんとは
  • 取組み内容はこちらから
  • "くるみん"認定企業一覧
  • 3. 「岐阜県子育て支援企業」に登録

    平成19年5月、「岐阜県子育て支援企業」に認定されました。以下はその具体的取り組み内容です。

    岐阜県子育て支援企業シンボルマーク

    • 長時間労働を少なくする
    • 男女ともに育児休業を取りやすい職場環境づくり
    • 出産・育児休業後も復帰しやすい職場環境づくり
    • 小学校入学前の子どもを育てる社員に対し、看護休暇や短時間勤務など柔軟に対応
    • 社員が地域との交流に参加するための支援

    ※「岐阜県子育て支援企業」に登録したことにより、金融機関から低金利での借り入れを受けられます。社員全員が対象となっており、子育てに関する借り入れだけでなく、様々な用途に利用することができます。

    4. 「両立支援のひろば」へ取り組み内容の公開

  • http://www.ryouritsushien.jp
  • このページの上に戻る