工場紹介

工場内の様子

作業工程

倉庫

倉庫

スペースを最大限に生かした移動ラックに資材を保管し、迅速な出し入れをしています。
当社では、倉庫のことを「ストア」と呼んでいます。


前工程

Vカットやラッピングの工程へと進む前に、あらかじめ必要な加工を施します。

Vカット前工程

ランニングソー
ランニングソー
原板で入荷した合板・面材を必要な巾にカットします。

ラッピング前工程

溝加工モルダー
溝加工モルダー
材料の側面や上下に溝を入れる機械です。刃物が回転して削られますが、材料を送るのは手動。個々の機械によって癖があったり、材料に微妙な曲がりや反りがあったりするため、人の手による調整が必要です。
シートスリッター
シートスリッター
ラッピングのラミネーター機で表面に貼るシートを、必要サイズに分割します。

Vカット

Vカット工程のムービーを再生

化粧合板にVカットマシンでV字状の溝を入れ、基材に巻き付けて接着する工程です。小ロット多品種化の中で、品質、生産性について他を圧倒する高性能なラインです。


Vカット工程のムービーを再生


面材投入
面材投入
Vカットの表面になる部分の板を面材と呼びます。面材を投入して、Vカットの溝を加工します。

Vカット完成
Vカット完成
貼りあわせ圧着後、両端を規定のサイズにカットすると、Vカット材の完成です。
貼り合わせ圧着 貼り合わせ圧着
Vカットの中に入る板を芯材と呼びます。
ここでは、面材で芯材を巻き込み、貼り合わせます。


ラッピング

ラッピング工程のムービーを再生

木材のおが粉を固めた板(MDF板)に、紙または樹脂製のシートを貼る工程です。ドア枠、框、造作材の中でも、曲面が含まれている形状の製品の加工を得意としています。





ラッピング工程のムービーを再生


ラミネーター(全体)
ラミネーター(全体)
3台のラミネーターが並んでいます。各台別々の形状のものを生産しています。

巾木ラミネーター
巾木ラミネーター
こちらは巾木専用のラミネーター。
※巾木とは、床と壁が接する部分、壁の最下部に帯状に取り付けられる仕上げ材のことです。掃除の際に壁紙が汚れるのを防ぐ等、壁を保護する働きがあります。
ラミネーター(投入口)
ラミネーター(投入口) シートスリッターで必要なサイズにカットされたシートを機械にセット。モルダーで加工した材料(手前)を送り込むと、自動でシートが貼られていきます。

ラミネーターのセット
ラミネーターのセット ラミネーターについている数十個のローラーを巧みに操り、シートが均一に貼れるよう調整します。経験と技術が要求される作業です。


加工

現在当社で最も力を入れているラインで、高性能の機械が多数設置されています。
近年、工期の短縮、現場施工費のコストダウンを強く要求される中で、全ての加工を満たし現場直納を可能としています。

Vモルダー
Vモルダー
Vカットされた枠材に、戸当たり溝、壁溝等の溝を加工します。
穴加工機
穴加工機
ハウスメーカーのドア枠専用の穴加工機です。
壁への取付金具が入る穴や、取り付け用のビス穴等を、一括して開けてしまいます。
ドア枠NC加工機
ドア枠NC加工機 プログラムによって刃物の動きを設定し、自動で金具取り付け溝、穴加工することのできる機械です。プログラムを入替えることにより、さまざまな加工に対応します。

引戸枠NC加工機
引戸枠NC加工機
こちらも自動加工機です。引戸枠専用のもの。
欠取り機
欠取り機
材料の一部を欠き取り、L字型に加工する機械です。片引き戸をつくる場合にのみ使用します。

サッシ枠自動長さカットソー
サッシ枠自動長さカットソー
部材の長さを自動でカットする機械です。材料1セット毎につけられているバーコードを読み取り、自動で指定の長さにカットしていきます。邸別生産に柔軟に対応でき、間違いもありません。

検査・梱包

キズや加工の不具合がないかをチェックしたのち、数種類の部品を組み合わせて梱包し、発送の準備までを行います。邸別配送、アパート・マンション現場配送、建具メーカー様配送など、配送先別に分けられたラックに保管し、出荷を待ちます。

検査
検査
製品にキズやめくれ等の不具合がないか、最終チェックします。厳しい目で品質の確認を行います。
梱包
梱包
ダンボールで梱包して出荷します。ハウスメーカーの邸別配送には、紙ダンボールではなく、繰り返し使えるプラスチックダンボールを使用しています。
邸別パレット
邸別パレット
ハウスメーカー用の邸別パレットです。施主様別にパレットに積んで出荷します。
邸別ラベル
邸別ラベル
枠1セットずつに施主様の名前の入ったラベルを貼り、パレットに載せます。

屋外施設・その他設備

集じん機・集じん管
集じん機 集じん管 加工機械から出る木屑は、集じん機で吸じんします。工場内をきれいに保つためには欠かせないものです。
ボイラー
ボイラー
集じん機で吸じんしたおが粉や端材をボイラーで燃焼し、蒸気をつくります。

蒸気暖房機
蒸気暖房機
ボイラーでつくった蒸気を、冬の暖房や材料の加熱、乾燥に利用しています。

このページの上に戻る

工場紹介